2005年11月11日・・・

3. 貴重な「実験結果」


学校は、従来、学習塾業界を無視してきました。しかし、「生徒の学習指導をする」という点は共通ですから、 今後、学校改革を進めるにあたり、これは、貴重な「実験結果だ」と受け止めるべきだと思うのです。

念のための確認ですが。「1学級の生徒数を減らしても、大きな解決には ならない」とは、

 「落ちこぼれ問題」が解決しない
 「優秀児を伸ばせない」

という意味。それが顕著な科目は、「算数」「数学」。 また、会話でなく、文字を中心とした授業になったときの「英語」もそうでしょう。入学試験で脚切りができない公立小学校、中学校で深刻な問題。少々ふくらませて言えば、戦前から一貫して抱えていた難問。どうしたら、この昔からの難問を解決していくことが できるのでしょう?

それは、今まで申し上げた中に、解決の糸口がある。と信じています。